浜松委托運送から皆様へのお知らせ

NEWSニュース

新着ニュースはこちら

2021年01月29日

ECサイト運営者様へ!物流の重要性・物流システム導入のメリットを徹底解説!

ECサイトを運営されているご担当者様は、物流における問題やお悩みを数多く抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

ある程度、自社のECサイトの売上が上がり、業務が拡大していくと必ず物流の問題は様々な範囲で起こります。

「誤配送の対応に終日追われた」、「スタッフ総出で配送業務をしないと回らない」などといった現場での問題が起こる度に、ECサイト運営者のならば一度は専門的な物流システムの導入を考えるのではないでしょうか。

そこで今回は、

1:ECサイトにおける物流の重要性
2:物流現場での課題や悩み
3:物流システムの導入におけるメリット

についてご説明いたします。

 

1:ECサイトにおける物流の重要性

・ECサイトは多品種少量で配送先が多く複雑なため物流管理が必須

ECサイトは、ほとんど商品を法人ではなく、一般消費者に向けて販売するBtoC(Business to Consumer)のビジネスです。
BtoBとは違って1回の取引の出荷点数、出荷量は少なかったり小さかったりしますが、数多くの配送先があります。

消費者のニーズは多種多様で、またニーズやトレンドも変わりやすいので、細かく対応できるECサイトが求められます。

例をとると、ECで父の日、母の日のギフト、お歳暮、お中元、結婚祝いなどを例として、直接ネット上から好きなギフトを色々店舗以上に選べるというのが通販の魅力の為、そのネット通販ならではの魅力の点を物流倉庫で作業にあてはめる事が非常に重要になってきます。
また、店舗では持ちきれないような商品バラエティを通販では画面に商品としてのせるだけですので、在庫の全体量は少なく抑えながら販売することは可能です。

そのメリットを出すために、多数の一般消費者に向けて多くの商品をリアルタイムに管理する必要がでてくるので、物流の効率化を対策していないECサイトは非常に苦戦していくことになります。

・季節ごとで繁忙期が違うECサイトは急激に物流の負担が増える

扱う商品によっては、ギフトやプレゼントの時期に急な売上増が見込まれるサイトは商品のラッピングなどを行うので、物流現場の負担が激増します。
また、ギフトやプレゼントはラッピングだけではなく、購入者と送付先が違うため通常時よりも商品の品質維持に気をかけなければなりません。
また、配送日時も遅れることは即クレームにつながります。

しかし、この繁忙期の需要に対応できれば、ECサイトの売上を飛躍させることができます。

そのために、イレギュラー時期の負担増に耐えられる物流システムの構築が必要です。

 

・顧客満足度(CS)の高いECサイトのためには物流の整備が必要

売上の多いECサイトは、顧客満足度を上げるために様々な会員ランクなどの企画や特典を提示します。
それによって消費者は購買意欲を刺激され、更にECサイトの売上や人気が上がっていきます。

しかし、こうした企画や特典の導入は、効率的な物流システムがあることが前提です。
消費者それぞれによってランクが違い、サービスも変わるため同梱物の変更など、より複雑になるため、ミスなく迅速に在庫管理や同梱処理などを行うことが必要となります。

 

これらの理由からECサイト運営において物流面の改善、充実は欠かせないものとなっています。

次は物流現場における具体的な課題や悩みをお伝えします。

 

 

2:物流現場での課題や悩み

・仕分け作業の時間削減

商品の数が多い、人的リソースの確保が難しいといったECサイト運営者にとっては切実な悩みです。
また、保管している倉庫が手狭でマテハン(マテリアルハンドリング)が効率良くできずに作業時間が増加するケースもあります。
仕分けは商品が届くと最初にする作業のため、そこで時間的なロスが起こると、次工程以降の作業全てに響きます。

 

・仕分けやピッキング時におけるミス

消費者へ届ける商品の配送ミスなどは、在庫管理の能率低下につながります。
またミスが起こるとお詫びの対応・返品・返金・再配達など追加のコストが追加されるだけでなく、お客様からのクレームにも繋がります。
よってECサイト全体の評価に影響を及ぼします。物流品質はミス起こさない工程を構築する必要があります。

 

・在庫管理の精度

入荷時の検品忘れ、出荷数の誤認識、返品時の記入漏れ等々の原因で、在庫管理が正確でなくなります。
在庫状況の把握も、商品が多種多様となれば簡単ではありません。
手順や管理のルールが徹底されていないこともあります。

通販ですと受け取り拒否といったことも数パーセント発生しますので、返送されてきた商品を確実に棚入れすることも在庫管理において非常に重要です。

 

・出荷波動による混乱

楽天スーパーセール、Amazonのプライムセール、Yahooのセールなど各サイトにて定期的に消費者に販売を促すタイミングがあります。
よくあるケースは朝起きてオーダー受注をみたらいつものオーダーの10倍がきており、社員全員で対応しなければならない。といったケースも少なくありません。
そういった時が頻繁になるといつも出荷作業を行ていないメンバーが出荷作業を行っても間違えないような仕組みは必要になります。

 

最後に、物流システムを導入した際のメリットについてご説明いたします。

 

3:物流システムの導入におけるメリット

・作業の効率化による業務コストの削減

自社の作業を効率化し、業務コストを減らすことが、物流システムを導入する最大のメリットです。
配送管理、倉庫管理、運行管理、など様々な物流システムを支える各アプリケーションがそれぞれの業務を効率的に変え、コストを削減するという目的を目指します。

入出荷の情報、在庫情報をリアルタイムで管理できることなどから、在庫の回転率を最適化させ、人件費を削ることができ、コスト削減につながります。

通販の販売データはデータベースです。何が売れていて、いつ売れているのか?という点なども分析できる仕組みであれば、事前にどういった対策をとるかも検討可能になります。

また、消費者が通販に求めているもう一つ重要なポイントは納期です。
発注した商品がなかなかこないのではキャンセルにつながりかねません。
セール時注文が一気にきて、出荷業務が間に合わなく、納期が遅れるというのはある程度成長した通販会社ではどのお店も必ず通ってきた道かと思います。
効率化することにより季節ごとの波動、セールの波動に強く安定した納期を提供できる物流の構築ができ、安定した販売をあげる事が可能となります。

 

・ミスの削減

物流システムを利用することによって、ミスの防止にもつながります。
バーコードによる個別の管理など作業ミスを防止するための様々な対策をし、誤配送や在庫数の間違いなどを防ぐことができます。
ECサイトの運営者が手作業で業務する場合と比較すると、より迅速で正確にミスなく配送できたり、管理することが可能となり大きなメリットとなります。
通販において誤出荷撲滅というのは最重要課題かと思いますし、今ではどの通販販売会社の品質も向上してきています。

 

・業務の可視化というメリット

物流システムの中には様々なかたちで業務を見える化できるものがあります。
例えば倉庫管理システムなどは、作業時間や過去の実績から生産性を計算し分析データを抽出し作業改善が把握できるような機能もあります。

また、倉庫内の運営における収支や、稼働率収支をデータで出力し、システム上の管理画面で確認することもできます。

また、物流システムの導入で現在倉庫に保管されている商品数や種類の入出荷の状況を全てデータ化することができるため、常に在庫が可視化され、在庫切れや余剰在庫の防止、発注作業の効率化も可能となります。
これらのデータが蓄積されていけば、商品ごとの受注数の予測も可能となり、収益アップにつながりますので大きなメリットとなります。

売れ筋品番の適正在庫数、発注点、発注予想等も正確なデータベースを元におこなうことができれば、より回転率が上がり会社の資産効率が確実に向上させることが出来るのは間違いありません。

 

 

今回は、ECサイトにおける物流システムの導入がいかに重要で、どれだけのメリットがあるかをお伝えしました。

ECサイトの運営は売れる商品をただ単に用意しておけば良いというわけではありません。

いかにお客様の満足する品質状態で、お客様の希望する日時に届けることを可能にすることで、ECサイトの価値、満足度が高まります。
したがって物流業務はないがしろにできず、日々物流業務に追われ、業務の根幹である商品の改善やマーケティングの向上というECサイト自体を強固にしていく時間が削られていることもあるのではないでしょうか。

 

ECサイト運営者は物流においては専門ではないことが多いので、今、物流に関する問題が浮き彫りになっているのならば、自社にあった物流会社へ委託することで問題が解消される可能性が高いかもしれません。

まずは、自社の物流での問題を分析し、解消したい課題をリストアップして、専門の物流業務のプロへ一度聞いてみることをおすすめします。
問題解決に一歩踏み出せるのではないでしょうか。ご参考頂けたら幸いです!

一覧ページへ戻る

多種多様な物流サービス
お任せください

  • ネットショップ様に朗報‼︎

    通販物流代行 アウトソーシング

    高品質かつ浜松という日本の中心立地条件を活かし、都心物流倉庫よりコストパフォーマンスの高い物流サービスを提供します。

  • 海外からの輸入品・食品の保管・加工・通関はお任せ!

    保税倉庫サービス

    港同様に取り扱えるだけでなく、シール貼りや検品等の細かい作業から通関対応まで、輸入後ワンストップでコストパフォーマンスの高い物流を実現します。

  • 物流関連コストの削減に!

    流通加工サービス

    物流倉庫で、商品をお預かりするだけでなく、輸入商品の流通加工(シール貼り・タグ付け・バーコード管理)はもちろん、通販特有の個別の流通加工サービスが商品の付加価値を高めます。

  • 細やかなサービスが自慢です

    受注代行サービス

    受注管理と発送代行業務をワンストップで実現した受注代行サービス。
    通販物流におけるお客様の悩みを解決いたします。

お問い合わせ

お見積もりやご相談がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お電話・FAX・メールフォームよりお気軽にお問い合わせください
浜松委托運送株式会社 つつみ流通センター倉庫
 〒432-8057 浜松市南区堤町904の1番地

採用情報
single-news