浜松委托運送から皆様へのお知らせ

NEWSニュース

新着ニュースはこちら

2020年01月30日

物流倉庫通販発送代行 ー 佐川急便がローソンと新会社

本日は物流倉庫通販発送代行によるサービスの注目記事についてのご紹介を行います。

4/7日本経済新聞の一面に佐川、ローソンと新会社の記事が発表されました。コンビニ、スーパー、量販店(イオン、セブンアンドアイ等)、ネット通販に対するサービスの取り組みを強化し、宅配まで含めたサービスを各社が競争する動きが強くなっております。以前新着ニュースでも紹介しました、日本郵便が楽天との提携において受け取り用ロッカーを設置するといった取り組みもそうですが、今回のコンビニエンスストアと宅配会社の協力により、お互いのサービスをより強化できるといった点を今後各社強めたいという意向が感じられます。佐川急便においてはこれまでどちらかというと企業間物流をメインに担当し、個人向けの配送ではヤマトといったイメージが一般の消費者には強いという意見を伺うことがあります。企業間物流と個人向け配送の決定的な違いは不在で宅配荷物を届けることができるかどうかという点になります。通販においては宅配会社が製品を届けても不在の可能性があり、その場合不在通知書をポストに投函し、再配送しなくてはなりません。その場合、不在であった宅配荷物を保管する場所が配達先の近くにあるとより効率的な宅配となります。逆に言いますと不在時の荷物を保管する場所が遠くの場合ですと、2度配達を行わなくてはならなくなり、実質かかる配送料金のコストは割高となり、これは宅配会社の負担となります。日本経済新聞にも記載されているとおり、ヤマトが4000箇所の宅配拠点を持っているのに対し、現在佐川急便は700箇所と見劣りしている点を今回のローソンとの協力により補うことができればより良いサービスが展開できるのではないかと想定しております。あわせて、コンビニでの受け取り等も可能であれば消費者のコンビニの来客数も増え、相乗効果も見込める可能性もあることは想定できます。特に関東~関西の都会では女性が現在働き夜遅くにマンション等に帰宅した後で宅配荷物を受け取らなければならないといった需要が年々増えているという意見はよく伺います。安全面ふくめ夜遅くに宅配を受け取ることに抵抗があるといった声は少なくなく、このようなコンビニ、ロッカーでの受け取りのほうが宅配会社からの製品受け取りのタイミングに家にいなければならない等のわずわらしさもなく、今後もこのようなサービスは増え、より利便性の高いサービスになると思いますし、弊社もこのようなサービスに対し上手く展開できるようアンテナを高くしていくことを行います。 

一覧ページへ戻る

多種多様な物流サービス
お任せください

  • ネットショップ様に朗報‼︎

    通販物流代行 アウトソーシング

    高品質かつ浜松という日本の中心立地条件を活かし、都心物流倉庫よりコストパフォーマンスの高い物流サービスを提供します。

  • 海外からの輸入品・食品の保管・加工・通関はお任せ!

    保税倉庫サービス

    港同様に取り扱えるだけでなく、シール貼りや検品等の細かい作業から通関対応まで、輸入後ワンストップでコストパフォーマンスの高い物流を実現します。

  • 物流関連コストの削減に!

    流通加工サービス

    物流倉庫で、商品をお預かりするだけでなく、輸入商品の流通加工(シール貼り・タグ付け・バーコード管理)はもちろん、通販特有の個別の流通加工サービスが商品の付加価値を高めます。

  • 細やかなサービスが自慢です

    受注代行サービス

    受注管理と発送代行業務をワンストップで実現した受注代行サービス。
    通販物流におけるお客様の悩みを解決いたします。

お問い合わせ

お見積もりやご相談がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お電話・FAX・メールフォームよりお気軽にお問い合わせください
浜松委托運送株式会社 つつみ流通センター倉庫
 〒432-8057 浜松市南区堤町904の1番地

採用情報
single-news