米、大豆等低温保管が必要な製品は浜松委托運送へ。御社の物流倉庫をアウトソーシングします。

low_temperature2.jpg

cvp.jpg

  低温(定温)保管が必要な製品は物流倉庫の浜松委托運送へ!  
 

低温保管製品の物流代行サービスは安定した納期と低価格で対応可能な浜松委托運送へお任せ!
低温倉庫のみならず、輸送では日本の中心である浜松市という立地を利用し日本の中心からの発送の為、関東、関西、中部圏を中心に全国配送があるお客様に対し、安定した納期と低価格で対応が可能です。また、長距離輸送にかんしては浜松委托運送の通運部がJRコンテナを利用したコストメリットのある提案を行います。

浜松委托運送4つ(立地、品質、実績、通運)の強みで御社の物流倉庫アウトソーシングを最適化します。
 

 

low_temperature3.jpg

低温倉庫(定温倉庫)では、米、麦、大豆、穀物類その他食料品、化学品等温度管理が必要な製品を中心に取り扱いをしております。
通年にわたって5-15度の間に倉庫内温度を保つことで商品の品質を管理しております。
また警備会社との連携によりセキリティーは万全なのはもちろん、一部温度感知器を設置した倉庫ではある温度になると警備会社から緊急連絡が入る設備を完備しております。
現在は主に米など穀物の保管を担っておりますが、低温倉庫(定温倉庫)は、穀温の変化による発芽防止に適しております。また、低温倉庫内は、環境に優しい電動式リフトで、クリーンな倉庫を保ち、食品への衛生管理においても徹底しております。

 

low_temperature4.jpg

・食品、食料品原料など13℃から15℃での保管ニーズに適した温度管理
・防虫、防鼠対策も万全
・自動開閉扉にて運用
・空調システムによる温度管理
・出入口にはエアーカーテンを設置(室内温度を一定に保つのに役立てます)

設備をご覧ください
温湿度計
1日3回、定時に実際の倉庫内温度、湿度を記録・保管しております。
低温設備の温度計のみではなく、別の温湿度計を使用する事により、低温設備の故障等万が一の事故にも迅速に対応できる体制をとっている為、お客様も安心して長期保管が可能です。
lowc1.jpg

 


logistics4_title1.jpg

logistics4_1.jpg

 

お客様が物流倉庫をご利用頂くにあたって物流倉庫と同様に検討しなければならない点は輸送コストであると考えております。
浜松委托運送は物流倉庫のみならず(1)JRコンテナ輸送業(通運業)(2)自動車トラック運送業を営んでおり、特に長距離においてある程度まとまった物量の場合JRコンテナ輸送を使用することにより他社より価格メリットが出せる提案ができると考えております。
(専用のページもご用意いたしましたので、そちらもご覧ください。詳しくはこちら

 

logistics4_2.jpg

JR鉄道コンテナ輸送が一概にすべて輸送コストを抑えるという表現は出来ませんが、特に中長距離輸送では大型トラックと比較してJRコンテナ輸送が価格メリットをもっています。
現在浜松からですと、九州、北海道のみならず東北、中国、四国方面では長距離トラックと比較してもコストメリットがあるとして各会社が大型トラックからJRコンテナへの輸送の切り替えをして頂いております。
また、当社で関西、中国、四国方面は毎日トラック運航便がありますので、他社と比較しても価格メリットのある提案を出せると考えております。

 

 

logistics4_3.jpg

大型トラックと比較して小型サイズでの輸送が可能なため、小ロットでの輸送も可能です。
大型トラックでは大きすぎる容量の場合、12フィートコンテナを利用にメリットがあります。

【標準12フィートJRコンテナの大きさ】
縦2.230m x 横 3.600m x 高さ2.260m 
大雑把に4tトラック2/3の大きさになります。希望によって20フィート、31フィートコンテナの提案も可能です。

12フィートコンテナ

12フィートコンテナは最も一般的なサイズの鉄道コンテナです
12フィートコンテナには、コンテナの両側が開くタイプや片面と表面が開くタイプがあり
御社の荷役作業に最適なコンテナご提供します

logistics4_4.jpg

logistics4_5.jpg

 

 

 

logistics3_title3.jpg

 

3.某会社様
お客様のご要望
全国からのお米を低コストで輸送し、浜松委托運送の低温倉庫で保管してほしい。
産地別、等級別の保管管理を行ってほしい。

line2.jpg
logistics4_6.jpg商品点数    : 4銘柄
数  量    : 60,000袋
使用倉庫    : 低温倉庫

現状の物流状況
北海道はじめ東北と主に長距離輸送のため、JRコンテナ輸送を利用して、浜松まで輸送。倉庫では夏でも13℃に管理され、米の品質を確保できる低温倉庫利用、産地別、等級別の保管管理を行いご利用頂いております。ご要望に合わせ静岡地区のお客様へ配送しております。

 

normal_temperature10.jpg

流通倉庫
倉庫名 面積(u) 坪数
流通 33 1階 A
670 203坪
流通 33 1階 B 554 168坪

 

西浜松倉庫
倉庫名 面積(u) 坪数
西 53 1階 1011.46 307坪

 

つつみ流通センター倉庫
倉庫名 面積(u) 坪数
つつみ 60 1階 B 813 246坪

 

low_temperature11.jpg

つつみ流通センター倉庫
〒432-8057 
静岡県浜松市南区堤町904の1番地
TEL.053-440-3221(代)
FAX.053-440-3223
normal_temperature12.jpg
大きな地図で見る

 

流通センター倉庫
〒435-0007 
静岡県浜松市東区流通元町7番地の2
TEL.053-421-2551(代)
FAX.053-421-3408
normal_temperature13.jpg

大きな地図で見る

 

西浜松倉庫
〒432-8052 
静岡県浜松市南区東若林町270番地の1
TEL 053-448-1661(代) 
FAX 053-448-3128
map_19.jpg

大きな地図で見る

 

top_inq.jpg
>物流倉庫についてのご相談やお見積もりなどどうぞお気軽にご相談ください。