物流倉庫代行サービスは安定した納期と低価格で対応可能な浜松委托運送へお任せ!

warehouse_title1.jpg

cvp.jpg

  物流倉庫アウトソーシングは浜松委托運送へ!  
  物流倉庫アウトソーシングは安定した納期と低価格で対応可能な浜松委托運送へお任せ!
自動車部品、大型のドラム缶、フレコン、建築資材、畳、等々取扱品目は多岐に渡ります。浜松委托運送の4つの強み(立地、品質、実績、通運)でお客様の物流倉庫を最適化します。
 

warehouse_7.jpg

物流倉庫として輸送にも最適な立地浜松市で、浜松委托運送がお客様の物流倉庫代行サービスを提供します。
物流倉庫会社として入出庫、保管を行うだけではなく、お客様や商品に合わせ最適な物流業務提案、誤出荷ゼロ活動、長期保管も安心な設備完備と『任せて安心』をモットーに流通加工等の付加価値サービスまで提供します。

立地・品質・実績・通運の4つの強みでお客様に最適な物流改善提案を行います。
明治31年創業以来取扱製品は原材料から最終製品と多岐に渡り、お客様も企業様向けの(BtoB)商売のみならず、通販を代表とした個人客(BtoC)への対応も行っております。
是非一度お問い合わせ下さい。


logistics2_3.jpg

logistics_9.jpg誤出荷ゼロをお客様と共に達成することを目標にする高品質の物流倉庫です。即品質につながる倉庫業務フローの制作・改善、スタッフ教育は、会社全体で我々は力を入れています。流通加工、検針、アソート業務、その他細かい依頼事項まで対応可能です。
また昔は繊維の町として発展していた浜松市。数万種類の加工反を一つの倉庫で管理していた過去の経験から現在に至っても製品種類が多く、1品当たりの数が少ないといった管理が膨大の量になる製品、細かい流通加工サービス等を得意としております。

 

logistics2_title2.jpg

logistics2_14.jpgお客様の取り扱い製品、製造場所、サービスの内容はもちろん違っている為、お客様毎の要望は個別に存在しています。
浜松委托運送はすでに取り扱っている他のお 客様の製品と同様の作業フローに合わせて頂くのではなく、各お客様の個別要求に合わせた入庫〜出庫までのフロー図を新たに設計を行います。
お客様の入庫〜出庫までのカスタムフロー図作成時に我々が重要視しているポイントは難しい作業の流れをいかに単純かつ明確にするかという点です。
各細かい 作業、作業工程が多い場合いかに作業工程を単純化し、出荷量の物量が多く、繁忙期でも限りなく間違いの出る確率の少ない工程にすることを目標としています。定期的に作業工程の見直しも行い、改善点について確認を行います。

 

logistics2_title3.jpg

logistics_10.jpg浜松委托運送はスタッフ教育に力を徹底して入れております。
弊社は物流倉庫として多くの品種を扱う為、すべてを自動化するのは物理的に不可能な場合が多くございます。
その場合いかに人の手による間違いを減らすかという点が 誤出荷削減のポイントであると考えております。
具体的な取り組み例では物流倉庫としての運用がスタートした後も、誤出荷が少ない体制に持っていくには更に どこに改善項目があるのかという点を月1度現場従業員のみならず役員まで集まり誤出荷対策会議を開催し教育を徹底する体制をとっております。
また、万が一のあってはならない誤出荷連絡があった場合、連絡後即原因究明、担当者面談、役員含めた誤出荷対策会議を行い、徹底した従業員教育により誤出荷撲滅活動に取り組みます!

 

logistics2_title4.jpg

logistics2_15.jpg社内でのミーティングはもちろんのこと、誤出荷ゼロを目指すため、お客様とのミーティングの回数は他の物流倉庫よりも多いかもしれません。
しかし、この徹底した作業内容の確認、検証こそが必要であると考えます。
物流倉庫移管後もお客様とは定期的なミーティングを開催させていただき、現状のレビューを行います。
レビュー後社内でのミーティングを開催し、継続的改善を徹底しています。

logistics4_title1.jpg

 

お客様が物流倉庫をご利用頂くにあたって物流倉庫と同様に検討しなければならない点は輸送コストであると考えております。
浜松委托運送は物流倉庫のみならず(1)JRコンテナ輸送業(通運業)(2)自動車トラック運送業を営んでおり、特に長距離においてある程度まとまった物量の場合JRコンテナ輸送を使用することにより他社より価格メリットが出せる提案ができると考えております。
(専用のページもご用意いたしましたので、そちらもご覧ください。詳しくはこちら

 

 

logistics4_3.jpg

大型トラックと比較して小型サイズでの輸送が可能なため、小ロットでの輸送も可能です。
大型トラックでは大きすぎる容量の場合、12フィートコンテナを利用にメリットがあります。

【標準12フィートJRコンテナの大きさ】
縦2.230m x 横 3.600m x 高さ2.260m 
大雑把に4tトラック2/3の大きさになります。希望によって20フィート、31フィートコンテナの提案も可能です。

12フィートコンテナ

12フィートコンテナは最も一般的なサイズの鉄道コンテナです
12フィートコンテナには、コンテナの両側が開くタイプや片面と表面が開くタイプがあり
御社の荷役作業に最適なコンテナご提供します

logistics4_4.jpg

logistics4_5.jpg

 

logistics3_title3.jpg

お客様ごとに具体的な事例もご用意しました!

また当社では数多くの業種の保管を取り扱っていますので、どうぞご覧ください。

top_case1.jpgtop_case2.jpgtop_case3.jpgtop_case4.jpgtop_case5.jpg

top_case6.jpgtop_case7.jpgtop_case8.jpgtop_case9.jpgtop_case10.jpg

 

 

top_inq.jpg
>物流倉庫についてのご相談やお見積もりなどどうぞお気軽にご相談ください。