jr.jpg

jr_merit1.jpgjr_merit2.jpgjr_merit3.jpgjr_merit4.jpg

 

  長距離輸送を検討しているお探しのお客様へ!
日本全国どこでも(離島、沖縄等含む)長距離輸送はJRコンテナが環境負荷、コストもお得です!
日本全国の長距離便を取り扱っておりますので是非お問い合わせください!
 
   浜松委托運送は物流倉庫のみならず、JRコンテナ輸送業(通運業)を営んでおります。
大型トラックと比較してJRコンテナ輸送の利点としては、環境負荷が大幅に低減される点、中長距離の価格メリットといった点、小ロットでの出荷が可能な点から現在大型トラックからJRコンテナ輸送へのモーダル化シフトが進んでいます。
北海道から沖縄、九州、離島等全国の発着地でのお見積もりが可能です。
お見積もりのみでも構いませんので、中長距離輸送の輸送手段として是非お問い合わせください!

中長距離輸送例ですと静岡県西部地区(浜松 市、磐田市、袋井市、掛川市)、愛知県東部地区(豊橋市)からですと、北海道、九州の長距離から東北地区、四国、中国地方の中距離の輸送においてトラック と比較しても環境負荷低減、コスト削減の点でメリットのある輸送手段として大手メーカーのみならず昨今中小企業でも採用が増えております。
 

 

 

logistics4_5.jpg

jr_merit1_title.jpg

地球温暖化の原因のひとつとされるのがCO2(二酸化炭素)です。
鉄道は、輸送単位当たりのCO2排出量がトラックの約7分の1と、様々な輸送機関の中で環境負荷が最も少ない輸送手段です。
そのため、近年、鉄道貨物輸送が「環境にやさしい」輸送手段として注目を集めています。
jr_merit1_image.jpg
jr_merit1_image2.jpg

モーダル化シフトとは、国内の貨物輸送をトラック輸送から、大量輸送機関である鉄道または海運に転換することです。具体的には輸送手段を鉄道などに転換することで、環境負荷の低減に加え、エネルギー問題および今後の少子高齢化に伴う労働力問題の解決に資することを目的としています。
jr_merit1_image3.jpg

△ページ上部に戻る



jr_merit2_title.jpg

中長距離輸送では大型トラックと比較してJRコンテナ輸送の方が価格メリットがあります。
現在浜松からですと、九州、北海道のみならず東北、中国、四国方面では長距離トラックと比較してもコストメリットがあるとして各会社が大型トラックからJRコンテナへの輸送への切り替えを採用しております。
納期についても、日本の鉄道は、世界でもトップクラスの正確性をもっています。
JR貨物の貨物列車も主要幹線には定時運行に優れた高速コンテナ列車が運行され、24時間体制の運行管理が行われています。
これにより、高い定時運行率が確保されお客様のお荷物を、確実に、スピーディにお届けいたします。
又、日本貨物鉄道(株)様のシステム:ITフレンズにてお客様のお荷物が現在どこを走行中かリアルタイムに確認できます。

△ページ上部に戻る

 

jr_merit3_title.jpg

大型トラックと比較して小型サイズでの輸送が可能なため、小ロットでの輸送も可能です。
大型トラックでは大きすぎる容量の場合、標準12フィートコンテナを利用にメリットがあります。

標準12フィートJRコンテナの大きさ
縦2.230m x 横 3.600m x 高さ2.260m 
大雑把に4tトラック2/3の大きさになります。希望によって20フィート、31フィートコンテナの提案も可能です。

logistics4_4.jpg

△ページ上部に戻る

 

jr_merit4_title.jpg

鉄道コンテナは、発着の貨物駅において、一時無料で留置できるサービスがあります。
このサービスを利用すれば、お客様の納入計画にあった配達が可能となり、突然の納品日時の変更などにも、倉庫等を手配せずに対応でき、保管費用の削減が可能です。

△ページ上部に戻る

 

 

logistics3_title3.jpg

 

某お米会社様

お客様のご要望

全国からのお米を低コストで輸送し、浜松委托運送の低温倉庫で保管してほしい。
産地別、等級別の保管管理を行ってほしい。

line2.jpg
logistics4_6.jpg商品点数    : 4銘柄
数  量    : 60,000袋
使用倉庫    : 低温倉庫

現状の物流状況
北海道はじめ東北と主に長距離輸送のため、JRコンテナ輸送を利用して、浜松まで輸送。倉庫では夏でも13℃に管理され、米の品質を確保できる低温倉庫利用、産地別、等級別の保管管理を行いご利用頂いております。ご要望に合わせ静岡地区のお客様へ配送しております。

 

 

 

top_inq.jpg
>物流倉庫についてのご相談やお見積もりなどどうぞお気軽にご相談ください。