明治31年創業 物流倉庫に自信があります

浜松委托運送株式会社

物流倉庫をお探しの皆様へ。高品質・低コスト・短納期の倉庫をお探しなら浜松委托運送へ!
常温・低温・除湿と様々な商品に最適な物流倉庫を提供します。(静岡県浜松市)

受付時間
8:30〜17:30

(土日・祝日を除く)

物流についてのご相談はお気軽に

053-440-3221

物流倉庫サービスに関する事ならお任せください!【浜松委托運送株式会社】

通販消費者の送料無料の関心について

通販市場全体が毎年大きく拡大している中、浜松委托運送もここ数年物流倉庫部門において通販における発送代行、物流代行業務は急拡大している状況です。今後も更に通販市場は急拡大するのではと肌身で感じております。ここ数年の通販市場の急拡大はAmazonプライムを代表するように送料無料、スマートフォンの普及により誰でも手軽に商品を購入できる点、決められた期日に商品が届くのが当たり前といった利便さに支えられ急激に拡大していったことは間違いないのではないかと感じます。

一方で、前回の記事ご紹介のように通販市場の急拡大と宅配便会社(ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便)のみならず運送業界全体的なドライバー不足が年々深刻になっているのは運送業界にいる我々にとって肌で感じることができます。

今回は通販における消費者の送料無料への関心について面白いデータを見つけましたのでご紹介させて頂ければと思います。

我々のような物流倉庫(物流代行業者)にとっても送料無料というのは一つの大きな課題として向き合ってきましたが、今回ご紹介する朝日大学マーケティング研究所様のデータをみて消費者のデータとしての現実を知る事ができました。

送料無料といっても現実には物流コストはかかっているのですが、消費者心理としては配送コストを支払う事に抵抗があることが本データを見ていると感じる次第です。

今回ご紹介するデータはWEBアンケートという形で、通販で年1回以上購入した事がある方20~69歳の男女を10年単位の男女で区切り(各50名)合計500名のデータとなっています。データを見ますとかなりばらつきはありますが、全体でも60%以上の人は月に一度は通販で商品を購入している事が分かります。おおよそ40%近くの方は月に2~3回通信販売を利用していることから、通販・ネットショッピングが身近になっているかということも読み取る事ができます。逆に3ヶ月に一度もしくはそれより利用がすくないという方は全体の2割以下となっております。

ちなみに通販で宅配便を利用する理由としては一番多いのは思いついたときに買えるからという理由で全体の46.8%となっております。その次に実際の店舗で購入するより安いから、実際の店舗では探すのが手間な商品が買いやすい、荷物を持ち運ぶ必要がないからという理由がいずれも40%近い数字となっております。確かにネットであればほしいときにスマホをかざしてキーワードで検索する事ができ、好きなときに好きな商品を購入できるといった利便さがこの結果からも表れています。

また、このデータから男女の違いは見受けられませんが、年齢が高くなるほど荷物の持ち運ぶのが手間と考えるといった事がデータから読み取る事ができます。

宅配便での商品購入についてどのような商品を購入しているかという点で女性はアパレル、化粧品、美容や健康食品を購入している事がデータから読めます。また、男女ともに書類・雑誌が最も多いという結果がでています。筆者自身も以前は本屋へ行き、店舗で何日かかかって取り寄せ依頼をした事が過去にありますが、最近ではほしい商品はアマゾンで検索する方が早いといった印象があります。書籍や雑誌は数が膨大の為、特別な専門書であれば以前は近所の本屋へ出向き予約し、数日たって予約した商品を取りにいくといった形で購入していたのですが、Amazonを検索すればほとんどの商品は即納品される印象を受けます。

実際の店舗で購入するより安い商品で一番多いのは家電製品、続いてCD/DVD/ソフトウェア/ゲームといったカテゴリが30%を超えているのですがこれも価格ドットコムやアマゾンがイメージとして思い浮かびます。以前は安い家電は大型家電店で購入していたのが、最近ではインターネットでの購入が大きく伸びている様子もここからも見受ける事ができます。

荷物を持ち運ぶ必要がないといった点で一番購入している商品は水・飲料となっております。これは確かにお水などの重い商品の持ち運びを宅配便会社へ委託できるのは通販の大きな魅力であると感じます。一方運ぶほうの宅配便会社では水といった商品が重く女性が取り扱いにくいといった問題からも好まれる商品ではないといった点は良く物流倉庫会社として伺っております。

本題の通販・ネットショッピングをするときに送料をどの程度意識するか?の回答結果は上記になります。全体として84.4%の方は送料を必ず意識してから購入しているとのことからも、消費者は送料含めた価格で購入を検討しているということは読み取ることができます。消費者にとってはすでに送料無料は一般的な価値観になっていることがこのデータからも感じる事ができます。

上記のデータは同一商品を購入する場合商品価格+送料の合計が同じとした場合A.商品価格と送料を分離した見せ方とB.商品価格と送料を合計した見せ方とどちらが購入しやすいかといったアンケートになります。

結果として消費者の心理状況が表れているデータとなっているのですが、同一商品で送料含めた合計金額が同じ場合、送料無料と記載し商品価格に送料を含めるほうが商品価格と送料を分離するよりも買う可能性が高い結果になっています。

ここで注目したいのは比率であり、80%を超える方は送料無料のほうが買う可能性が高いと回答しています。このことからも消費者の購買意欲として送料無料というフレーズがお得感を与え購買意欲をかきたてているとも感じられます。

送料を含めた合計金額が同じであれば送料無料をうたっている方が購買意欲を掻き立てるといっても過言ではないかもしれません。

最後に購入合計金額が○○円の場合送料無料というキャンペーンがあった場合の行動についてのまとめになります。送料無料を満たす為に買う予定の商品の購入数量を増やして、キャンペーンの条件を満たすという行動、買う予定以外の商品を同時購入して送料無料のキャンペーン条件を満たす行動を『よく行なっている』『時々行なっている』の合計は共に70%を超えるというデータは送料無料というフレーズの重要さをあらわしている結果とも読み取ることができます。

一方で違うお店で同じ商品が買えないか探すか商品を買うこと自体をやめるといった行動をとるケースも共に半数近くを占めることがデータでは表れております。送料無料というワードを上手く利用し、消費者心理とマッチした通販上での商品がヒットを生み出す可能性を引き上げるといっても過言ではないのではないかと感じる次第です。逆を考えますと、いい商品でも送料無料のワードや企画の打ち出し方でヒットにつながらなかったり、ヒット商品になるまでに時間がかかったりする可能性もあるのではとも感じる事ができます。我々のような物流倉庫会社にとっても『送料無料』については大きな課題ではありますが、今後も向き合い上手く付き合う方法を模索する必要になるのでは?と感じるデータ資料であると感じております。

お問い合わせ

どうぞお気軽にお問い合わせください

この度は、物流倉庫・通販物流代行アウトソーシングの浜松委托運送株式会社のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。数多くある企業の中から、ご興味を持っていただき、心より感謝申し上げます。
物流倉庫や物流アウトソーシング、弊社へのご相談などお電話または問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。専門の担当者が誠実に対応させていただきます。

お問合せフォームは24時間受け付けております。(問い合わせフォームはこちら

お電話・FAXでのお問い合わせはこちらから

FAXで担当者不在の場合は当日中にご返事は、翌営業日となることがございますので、予めご了承下さい。

ネットショップ様に朗報‼︎

通販物流代行アウトソーシング
アパレル、雑貨、家具等の通販物流代行は安定した納期と低価格で対応可能な浜松委托運送へお任せ!浜松委托運送の物流倉庫は長期保管も高品質が提供できる安心の除湿倉庫!アパレル、雑貨、家具等、通販物流倉庫代行を承ります!!

 
 

物流倉庫をお探しのお客様へ

商品の保管から輸送、細かい作業を含めた管理まで
浜松委托運送がお客様のパートナーとして物流倉庫を代行します

お客様のニーズをお選びください